本文へ移動

鋼管揺動圧入工法

レボ立坑掘削工法

レボ工法とは、レボ式立坑掘削機により、矢板、支保工、ライナープレート等を使用しないで、円形ケーシングチューブを使用した立坑を構築する工法です。
幅広い状況に対応し、しかもコンパクトな設計で円筒ケーシングの圧入、引き抜きを実現しました。油圧駆動ですので、無振動、低騒音である上、オールケーシング土留なので、開口面積が狭く、工期の短縮がはかれます。
レボ立坑機本体(左)と油圧ユニット(右)
諸元表
パワージャッキ
 最大口径 Ø2,032mm
 最大引抜力 64ton
 最大圧入力 10ton(要反力)
 揺動力 48ton-m
 昇降ストローク 400mm
 揺動角度 11°
 押上シリンダー [3台]
 揺動シリンダー [2台]
 締付シリンダー [1台]
 主要寸法(mm) 3,300L×2,300W×1,054H
  本体重量 3,400kg
ケーシング
 呼び径
     1,500                               1,800                           2,000
 外径(mm)
     1,524                               1,829                           2,032
 内径(mm)
     1,500                               1,805                           2,008
 肉径(mm)
          12                                   12                                12
 外周長(mm)
     4,788                               5,746                           6,384
 重量(kg/m)
        447                                  537                              597
関連会社紹介
吉村建設株式会社
〒636-0248
奈良県磯城郡田原本町大安寺102-1
TEL.0744-33-0660
FAX.0744-32-8125

●総合建設業
●基礎工事業
●重機土木工事
●重仮設機材リース
●各種クレーン作業
●産業廃棄物処理業
0
4
5
4
8
9
TOPへ戻る